Behind The Scenes: Festival Style Edit

2018年7月9日

ダンスミュージック&クラブカルチャー情報を掲載し、30年以上の歴史を持つイギリスのマガジン、Mixmag(ミックスマグ)でロンドンを拠点として活動している、スタイリスト兼デジタルファッション編集者のLewis Munro氏。 Mixmagの社説、広告、セレブリティーなど多岐にわたって活躍するLewis氏、音楽とサブカルチャーからインスピレーションを得た型にはまらないスタイルと現代のストリートファッションが融和した特徴的な彼のスタイル。

今回、Pretty Greenと共に、Pretty Green最新コレクションから彼のお気に入りのアイテムを厳選し、夏フェスにインスパイアされた4つのコーディネート作り上げました。


The Looks






変わりやすい天候の中で、雨に遭遇しそうな場合は、ワインレッドのフード付きジップジャケットはお勧めのアイテム。軽量シェルは通気性が良く、耐久性が高いので夏フェスに持参するのに最適なアウターウェアです。

ショーツ、ストライプのTシャツ、バケットハットに合わせれば、クールなカジュアルスタイルを作り上げることができます。





フード付きのコットンパーカーはPretty Green ファンのマストハブアイテムのひとつ。 製品染めのコットンツイルのこのパーカーはPretty Greenの秋冬の人気スタイルを軽量化した一品です。 取り外しのできるフードの内側のペイズリー柄はレトロなパーカーの印象を演出します。 ライトデニムとポロシャツで雰囲気を変えたいときはこの一品を合わせるのがおすすめです。





ミリタリーウェアにインスパイアされたアウターウェアとトーナルカラーのペイズリー・プリントを組み合わせると、洗練されたこのインディーズスタイルが出来ます。 バンドのフロントマンのスタイルを作るにはサングラスとスエード・セーラーハットを合わせるのがベスト。