ワイト島 スクーターラリー

2016年6月22日
初めに....

1970年代後半以来、祭日の週末に海辺の町にスクーターが出現するとの各種レポートがメディアを賑わせました。最寄りの海辺の侵略は、ほとんどのクラブ会員が旅をしたブライトンでした。なので、1980年の8月の祭日である最終月曜日の週末 、つまり8月23、24、25日にthe Modrapheniacs、Scooter Club、Dorest、Portsmouth Cavaliers、the IW Scooter Clubおよびその他いくつかのクラブがライドの町を中心に島に収束したので、島のコミュニティと警察はとてもびっくりしたのです。
トラブルがあったのですが、それもライドの町でだけではありませんでした。スクーターがその週末に訪れた島のほとんどの町は、ある程度の不安を覚えました。地方自治体は警察のための休暇をキャンセルし、本土からの警察の増援を要求しました。この出来事はその場にいた人々にとって決して忘れることのない週末となり、これは歴史的瞬間でしたが、明らかに当時の誰もがそれを認識することはありませんでした。アプリーウッズでの駐車場が会場となり、デッキチェアが火をおこすのに使われ、草のゴルフコースの上にテントが設けられました。

次の復活祭(1981年)に他のスクーターの侵入に、この島が特定されているとの噂がありました。敵対的なコメントは常に発せられ、地元メディアを利用してスクーターが島に上陸するのを阻止しようとしました。

8月の祭日の週末の国立スクータークラブのリーダー達の会議の場所として一番好ましい場所がこの島ではなく、マン島となったので恐怖が多少和らぎました。しかし、マン島政府は、この若い世代のスクーターに乗る人々全員にスクーターに乗ることを禁止したのです。それは、マン島に行けないなら、ワイト島に行くという単純なケースでした。