MOD: A VERY BRITISH STYLE - PART 1

2016年6月22日
他のサブカルチャー同様、モッズは必要性と疎外感からうまれた。
60年代初頭、まだ植民地主義の考えににしがみつく英国を変えようとする声か高まるなか、そのムーブメントは、裕福ではないが怒れる若者には十分でなかった。
彼らは何かに夢中で真似したがったが、それは明らかに伝統の踏襲ではなく、確固たる新しいスタイルを見いだしたいともがいていた。

「モダニスト」と入力してみる。
言葉そのものの素晴らしいフレーズと動きは、もともと50年代後半のジャズ世代のピーコックスタイルにインスパイアされていたことがわかる。
細身のスーツとブーツでコーヒーショップの周りに座ってサルトルを読んでクールに振る舞おうとする男たち。
しかし、60年代に入ると新しい若者ははそれをあざ笑い、さらにクリエイティブな若者はイタリアの貴族の様に振る舞ったかすぐに飽きてしまった。
彼らはとにかく、自分たちのアイデンティティーを表現する何かを探していた。
後に彼らはそれを「音楽」として見いだしていくのである。

そもそも、R&BシーンとジャマイカンSKAに根ざしていたモッズだったが、それと同時にまるでカメレオンのようにテイストを変えるので知られていた。それは、変革のときを迎えていた英国の音楽シーンを表現するには、パーフェクトなスタイルでもあった。
英国ロックの初期の転換はエディ・コクランやジェリー・ルイス、そしてアメリカ南部のデルタ ブルースのヒーロー等により押し進められ、また、キンクス、スモールフェイセス、ザ・フーなどのバンドの出現は、アメリカンミュージックへの強烈なアンチテーゼだった。彼らは、イギリスアクセントで歌い、その後すぐモッズの広告塔として認知されるようになった。
特にザ・フーのホワイトノイズは観客の熱狂を蔓延させ、モダニストという新しいトライブを生み出した。

モッズは常に快楽主義者だった一方で、労働階級という観念も持ち合わせていたが、
高価なテイラードスーツ、靴、そして彼らが率いたソーシャルライフにはそれらのアイテムが不可欠だった。
それらは、その後に進展したムーブメントのアイコン的な基準になっていった。