SS16コレクション - イントロダクション

2016年6月22日
1960年代が終わりに近づいた頃、ロックミュージックとファッションは劇的に変化していました。「サージェント・ペパーズ」時代のビートルズによって人気になり、クリームやジム・ヘンドリックスなどから支持されたヴィクトリアン・ミリタリーをモチーフにしたカラフルなチュニックは、よりダークで清潔なモノクロのルックスに移り変わっていきました。
コートやジャケット、シャツ、アクセサリーのディテールには昔のミリタリールックがまだ取り入れられていましたが、カットは小綺麗でスタイリッシュになりました。
レッド・ツェッペリンやT・レックスなどのバンドが出現して音楽がさらに発展したことで、ファッションは新しい方向性を示し始めました。

私たちのSS16のBlack Labelコレクションでは、現在の革新的でエキサイティングな時代のインスピレーションを取り入れ、21世紀という時代を再考しています。私たちのシングルジャケットは、ミリタリーからインスピレーションを得たスウェードのカフスやカラーのディテールを特徴としています。印象的な赤と青の花柄は、1960年代後半にキングロードのお店で見られたアート作品の「Granny takes a trip」などのスタイルに基づいており、再解釈されて、ファクトリーで手作業でペイントされています。

SS16 Green Labelは、パターンやテクスチャー、機能的なディテールがたっぷり詰まった最高のフェスティバル衣装です。世代を超えた魅力があり、大胆に着こなせるこのコレクションでは、古くから愛されるティップピケポロシャツやカモディーンズパーカー、人気の絶えないフェスティバルジャケットなどを新しいエキサイティングなスタイルと組み合わせています。

ポリウレタン加工リネンのカグールや軽量のフェスティバルマック、カモリーフプリントパーカー、インディゴレーザープリントのペイズリーフードジャケットは注目です。ストライカーシャツやTシャツプリント (「ヒートンパーク越しの日没」が全体にプリントされたPGチームの特にお気に入り) や幅広い種類のフットウェアとアクセサリーがPRETTY GREENの代名詞になった最高品質の素材と製造によって提供されています。